スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

飽き性

2006.07.31 (Mon)
また性懲りもなくデザイン変えてみました

というより
前のデザインがフラッシュ使っていたため、回線重かったから
っていう理由も一応あります

今回は、フリーの素材とかで画像とか差し替えて
一応オリジナルっちゃあオリジナル

ホントはこうしたかったんだけどね

実はドラッグしてタイトルが見えるようになってる

流石に問題あるので、今の形に落ち着きました

気に入ってたんだけどな・・・

PS
このネタ仕込むのに2時間もかかっちゃった(テヘ
そんな時間あれば単語の20個くらい覚えられるわー
スポンサーサイト
【編集】 |  21:25 |  雑記  | Top↑

もうROは終焉だな

2006.07.20 (Thu)
ガンホー社員、「ラグナロクオンライン」の不正アクセスで逮捕
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060720/rormt.htm

愚かすぎる・・・

自分たちが管理してるゲーム世界の仮想通貨を
RMT(リアルマネートレード)業者に売り込むなんて・・・

元来、ROではRMT行為は重大な禁止事項で
その措置は垢BANだけでは済まさないような、社会的な処罰がくだるわけで

それを自分たちで犯すなんて・・・

もうダメだね、ROは
いやガンホーか
そんなことだからユーザーにもなめられるんだろうね

ま、引退した俺には関係ないけどwww
【編集】 |  17:15 |  ゲームとか  | Top↑

本棚がぁー

2006.07.19 (Wed)
悔しいので、うえきの法則8~14巻買ったら
本棚が崩壊しそうです

というわけで
いらないマンガをとりあえず出してみた
知ってる作品いくつ見つかる?

すげー量…
実はコレで全部じゃなくて、まだコレの倍近くが横にあって…

うはwwwwww

とりあえず積んでみた
漫画のサイズ順だす
積みゲー

何コレ…
昭和後期に流行った、バランス系パーティーゲームですか…

もう何が何だか…

誰か貰ってくれんかね?
売るのもメンドいし、捨てるのももったいないし

どんな漫画があるかわからんけど…
【編集】 |  13:47 |  アニメとかマンガとか  | Top↑

数学A

2006.07.16 (Sun)
確率の問題において、以下のような興味深い問題がある

「何人集まればその中に同じ誕生日の人がいる確率が50%を超えるか?」



コレには2つの解釈がある


n人のなかで同じ誕生日の人が少なくとも2人いる確率
(ただし閏年は考えないものとし、誕生日は365日で同様に確からしいとする)


n人の部屋の中に「あなた」が入ったとき、「あなた」と同じ誕生日の人がいる確率
(これも①同様に、閏年は考慮せず、誕生日は365日で同確立とする)


それぞれの考え方でといてみよう

まず①
少なくとも2人いるということは、n人のなかで誰も同じ誕生日がいない確率を求める
2人目が1人目と異なっている誕生日である確率は、364/365である。次に、3人目が1人目2人目と異なる誕生日である確率は363/365である。同様に4人目は362/365、…、n人目は(365-n+1)/365となる。

で、n人の中で同じ誕生日の人が少なくとも2人いる場合の確率は、

となり、nが23のとき、p=0.507...となる。

そして②
n人の部屋に"あなた"が入ったときに、あなたと同じ誕生日の人がいる確率は、

となる。n=23 ならば、p = 0.0611...である。nが253のときに初めてpが0.5以上となる。


答えが2通りでてきました

・・・あれ?

現実的に考えると
①の場合、23人集まっただけで同じ誕生日の組ができるとは思えないし、
②の場合も、253人は集まりすぎだと思う

しかし、この2つは数学的見地において両方とも正しい
・・・はずである

以下コピペ

この誕生日問題の考え方は、誕生日攻撃と呼ばれる暗号解読法に利用されている。 ハッシュ関数の出力の長さが、Nビットであるときには、2Nではなく、2N/2程度の文字列を試すことで同じハッシュ値を持つ文字列を見つけ出せる可能性が高い。 これは、ハッシュ関数の出力はある程度の長さを持つ必要があることを示している。



だそうです

数学にはいまだ解明できない謎があるんだな・・・
【編集】 |  23:18 |  雑記  | Top↑

HP復活

2006.07.14 (Fri)
ついさっきホームページ更新してきました
http://aquarium.client.jp/

今まで閉鎖してたんですが、何を血迷ったか復活しました

おいおい・・・受験とかどーすんねん・・・

動画撮ったのに公開しないのもアレだし
そろそろ大会近いから復活してみたんだが

どうみても失敗だよなぁ・・・

まあまったりペースで行きますよ
更新は今まで以上に遅くなるけどね
【編集】 |  16:05 |  雑記  | Top↑

やっちまった2

2006.07.12 (Wed)
植木の法則

植木の法則7巻を2冊買ってしまった…

【編集】 |  18:54 |  アニメとかマンガとか  | Top↑

FFⅩⅢ!!

2006.07.11 (Tue)
先日スクウェアエニックス社からFF新作の映像が公開されました
これっすね
http://www.square-enix.co.jp/e306/titles/fabula/ff13/e3trailer.html

・・・

すげぇ・・・
素直にすごいと思った映像技術
銃の表現とか、機械の金属感だとか、キャラの躍動感だとか・・・

アクションシーンを盛り込んだ戦闘システムがいいね
キャラだけでなく敵キャラのやられっぷりとかもすごい
やっぱⅩⅡのときはがっかりだったな...   やってないけど

メディアはPS3か
んー
あの映像くらいだったらこのくらいはするのかな
PS3は値が張るから手は伸びにくいけど、今作が期待値以上の評価だったら買いだな

なんかヒロインの武器がⅧっぽい感じではあるけどねw
【編集】 |  22:54 |  ゲームとか  | Top↑

やるからにはてっぺん

2006.07.09 (Sun)
夏の大会に向けて練習中なんですが
http://slash.gouketu.com/

行きつけの安いゲーセンがニートで埋まってたり
全台貸しきりされていたり、と
なかなか練習ができません

しょーがないから地元のゲーセンしかないわけで

んむう
最近というと闇慈に勝てないな...
XX/に変わってからというもの、簡単&強化で使いやすくなった
適当やってるだけで勝てるとか止めて欲しい...

対策
空中から攻めると、立HsGPの紅が刺さるので、地上戦重視で
頻繁にGP狙うような場合は、投げ重視でガードを崩す
疾は1段目直ガでバクステが安定
距離によってはリバサ前Pでも可 投げ最速疾なんかは前Pで
Hs風神や臨には下段攻撃でストップ
牽制はメイのが有利
基本ガン攻めでおk
バーストポイントは相手のハイジャンプ見てからで

んー
あんま関係ないけど、連コイン耐性が欲しい...
勝ったのにまた同じ相手と戦うのは精神的に参る~・・・
【編集】 |  17:29 |  ゲームとか  | Top↑

オチ(を)つけ(ろ)!!

2006.07.06 (Thu)
突然だけど、俺には幼なじみがいます
幼稚園から小学校までの8年間いっしょだった女の子

…別にネタとかじゃないですよ?



----------ここから回想----------




*   *   *




幼稚園のころ
記憶は曖昧だが、確かに彼女はそこにいた
あまり覚えていないけど、というよりは完全に忘れているが

幼稚園のころは、彼女じゃなくて他に好きな女の子がいた
その子は引越しでどこか遠くに行ってしまって、それっきり音沙汰がない

だから俺は当時、彼女がいたことは覚えていないんだろう



小学校にあがって
俺は親の都合で、当時住んでいた家を引っ越さなければならなかった
当然彼女とも会えなくなる
とはいっても
それほど慣れ親しんだ仲でもなく、前述した好きな子の件もあるので
俺としてはさほど気にはならなかった

一年が過ぎて
ある転校生が俺のクラスに来る
自己紹介の後はその転校生の話題で持ちきりである


その転校生は俺に近づき

「ひさしぶりだね」

そこで気づく
この転校生は彼女だったのだと

その後知ることになるのだが、
彼女は俺が引っ越したあと、すぐに近くに引っ越してきたらしい

それでも俺はこれといって気にかかることはなかった



*   *   *




俺がメガネをかけ始めると、彼女もメガネをかけ始めた
俺が中学受験すると言うと、彼女も受験勉強をし始めた

図工の時間
誰か人のスケッチをするという授業があった
そのときよほどひねくれたヤツ以外の生徒は無難に担任の顔を描いていた
もちろん俺もその一人だった
彼女はあろうころか俺のスケッチを始めた

俺が、なぜ俺の顔を描くのかと聞くと

「隣の席だから」

そこで初めて気づく

気がつけば
いつもすぐそばに彼女がいた



*   *   *






彼女はいつもクラスの中心にいた
もともと甲斐甲斐しい性格の彼女は周りからも評判で
いつも頼られている人物だった

対して俺は
友達も少なく、クラスの大きな仲間うちには入れていなかった
受験も控えていたし、人と話す機会がなくなったからだった

そして



俺は都内の某中高一貫校に合格した
そこは男子校で、地元民からしてみればかなり尊敬に値するとこらしい

つまり
彼女とは会えなくなるということだ

別にどうってことはない
これといった関係もないし
それに、地元に住んでいるんだから、会おうと思えばすぐ会える



そんな卒業式

桜舞う坂道で

俺は彼女にさよならを言った




*   *   *





そのあと
彼女がどんな中学を出て、どんな高校にいったのかは知らない

それっきり会っていないのだから

今思えば
俺は彼女のことが好きだったのかもしれない



----------回想おわり----------




そんなある日
たまたま偶然、先日彼女に会った
【編集】 |  18:12 |  雑記  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。