スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

スラッシュ しゃがみ攻撃解説

2006.10.06 (Fri)
屈P性能的には立Pとほとんど大差がない。使い方も立Pとほぼ同じ。ただ立Pと違うところといえば、しゃがみ状態の相手にもヒットするという点と、立Pに比べ攻撃判定が下方に強い分、横にやや弱いという点。一部のキャラの下段無敵行動(梅喧のダッシュストップなど)には当たらないこともある。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
105F4F6F
基底ダメージ補正80% 硬直差±0 JC可能
 
屈K下段攻撃の少ないメイにとって、使いやすい下段攻撃として重宝する。補正はかかるものの、下段のガード崩しにはもってこい。コンボ始動に役立つ。リーチはさほどないので、密着~近距離にかけてが間合いのポイント。一瞬だが低姿勢モーションがあり、相手の飛び込みや飛び道具をかわせないこともない。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
147F4F9F
7~10F低姿勢 基底ダメージ補正80% 硬直差-3
 
屈S遠Sに次いでメイの二大牽制のひとつ 錨部分に喰らい判定がないので牽制として用いる。遠Sより若干リーチに劣るがその分硬直が短いため、遠S→屈Sと繋いで牽制しつつスキ消しになる。またバーストをガードしたときに使うのもコレ。イルカに繋げばローリスクでダウンを奪える。近距離状態から相手との距離を離すときにも使える。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
269F3F15F
硬直差-3
 
屈HS発生こそ遅いもののリーチの長い下段攻撃として役立つが、足払いのほうが便利ではある。牽制のアクセントとして置いといて、カウンターヒットを誘発するのが主な使い方。ガードされても有利なので、なるべく相手に当たるような距離で振っておくのがベスト。使いどころは難しく限られてくるが、事故を誘うのもひとつの使い方。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
4414F3F16F
地上ヒット時ダウン効果 CH時引き寄せ+ダウン効果 硬直差±0
 
足払いお手軽にダウンを奪える優秀な下段攻撃 単発で振っていても充分強い。ガトリングの締めに使ってコンボor起き攻めに持っていくのが...って当たり前か。発生早いので、Sイルカ縦(相手の手前で着地)→足払い、とガードを揺さぶることができる。持続部分を当てて起き攻めに使うのも強力 相手のリバーサルもガードできるうえ、当たった場合は最速立Pが繋がり、ダメージアップを図ることができる。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
307F10F8F
地上ヒット時ダウン効果 硬直差-1
 
特殊K通称メイスライディング、メイスラ、スライディング、スラなど。発生前から低姿勢モーションが続き、カイのスタンエッジ固めなどを抜けることができる。突進力もありダウンも奪えるので、メイのウザイ攻撃のひとつだといえるw ただ、ガードされたときの硬直が大きいので過信は禁物。ロマキャンとセットで使うか、なるべく先端当てを心がけるところがポイント。
攻撃力攻撃レベル発生持続硬直
248F21F18F
1~7F、29~動作終了まで低姿勢 8~28F足元以外無敵
動作中被カウンター扱い 地上ヒット時ダウン効果 硬直差-27
【編集】 |  00:46 |  ゲームとか  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。